部活でTシャツを

オリジナルTシャツで定番の一つといわれているのが、部活動をするにあたって同じTシャツを作成したいというものです。部活動をするときにオリジナルTシャツを身に着けることで、クラブの中で一体感を高めることができます。新入部員にこのオリジナルTシャツをプレゼントすることで、「自分も部の一員になれた」という気持ちになるでしょう。同じTシャツを身に着けることで、部活の輪の中にも入っていきやすくなります。

Tシャツ部活動の中でも運動部でオリジナルTシャツを制作するケースも少なからず見られます。その場合にはTシャツの素材にこだわった方がいいでしょう。運動部の場合、オリジナルTシャツを身に着けてトレーニングすることになるでしょう。この時大量の汗をかくこともあるでしょうから、吸汗性に優れた素材でTシャツ制作するのがおすすめです。そうなってくるとポリエステルのものがおすすめです。

一般的にTシャツの素材として使われるのが綿です。ポリエステルは綿と比較して、吸汗性や速乾性に優れています。ですから長時間練習してもTシャツがべたつくことなく、気持ちよくトレーニングに励めます。近年はUVカットやデオドラント加工など多機能性のTシャツも出てきています。


関連記事

  1. オリジナルTシャツとは
  2. 写真をTシャツに
  3. 卒園記念に

卒園記念に

業者への制作依頼の中でもしばしば持ち込まれるのは、「卒園記念のTシャツを作成したいけれども…」というものです。子供たちにとって、幼稚園や保育園からの卒園は最初の友達との別れになりえます。そのときの思い出をきちんと形として残してあげたいと思っている親御さん、幼稚園や保育園のスタッフも少なからずいるようです。

卒園記念卒園記念でオリジナルTシャツを作成する場合、考えられるデザインはいろいろとあります。例えば卒園生の集合写真をTシャツにプリントアウトする方法が考えられます。そのほかには園児たちに絵や文字などを書かせて、それをTシャツに反映させる方法もあり得ます。子供たちが一生懸命書いた文字や絵がTシャツに残れば、ほほえましく感じられるはずです。そのほかにもインターネットで紹介されていた卒園記念のオリジナルTシャツの事例を見ると、子供たちの手形がプリントされているケースもありました。このように思い思いのデザインで、子供たちの新しい門出をお祝いするのはいかがですか。

子供たちの今のサイズでTシャツを作成する方法ももちろんあります。そのほかに少し大きくなってから、大人になっても着られるように大きめのサイズでTシャツを作成してもいいでしょう。


関連記事

  1. オリジナルTシャツとは
  2. 写真をTシャツに
  3. 部活でTシャツを

写真をTシャツに

オリジナルTシャツを制作している業者には、いろいろなリクエストが持ち込まれます。その中でもしばしば持ち込まれるのが、「思い出の写真をTシャツにしたい」というものです。このような依頼にも対応できる業者はたくさんあります。写真データを業者に提出すれば、それをもとにしてプリントTシャツを作成できます

運動会写真をそのままTシャツに貼り付ける方法もあれば、プラスで希望のデザインであしらうことも可能です。たとえば結婚式や新婚旅行の模様を写真撮影して、それをもとにオリジナルTシャツを作成するのもいいでしょう。また子供のいる方は運動会や音楽などの発表会などの模様を写真で撮影して、それをTシャツにする方法もあります。

そのほかには部活動などチームの場合、全体写真を撮影してそれをTシャツにする方法も考えられます。このようなTシャツを卒業して引退する先輩に最後にプレゼントしてみるのはいかがですか。そうすればTシャツを見るたびに部活のことなどを思い出すでしょう。そのほかにも記念品という意味では、卒業旅行や修学旅行に撮影した写真をベースにしてオリジナルTシャツを作成する方法もあります。このようにタンスの中に眠っている思い出の写真を使ってTシャツ制作してみるのはいかがでしょうか。


関連記事

  1. オリジナルTシャツとは
  2. 卒園記念に
  3. 部活でTシャツを

オリジナルTシャツとは

自分のイメージしたデザインやチームロゴをTシャツに反映させたいと思っている人もいるでしょう。中にはこのようなオリジナルTシャツの制作を行っているところがあります。近年ではインターネットのやり取りだけでオリジナルTシャツが完成して、商品は自分の指定したところに宅配便で納品してくれるところもみられます。一切来店する必要がないですから、忙しい人でもサービス利用できるところが魅力です。

団結力オリジナルTシャツを製作するメリットはいろいろとあって、まずはチームの団結力を高める効果が期待できます。同じTシャツを着用していると、一体感が高まります。するとチーム内の意思疎通もスムーズになって、チーム全体の機能性も高まるはずです。

ユニフォームという言葉があります。この言葉は「Uni」という「一つの」と「form」という「形」という言葉を組み合わせたのが語源となっています。つまり「チームが一つになっている」という意味合いからきているのです。

団結力が高まるに関連するメリットとして、共通の目標を意識できる点も見逃せません。チーム全体で今後どのような目標を立てて、そのために行動すべきかの道しるべになるわけです。「今年こそ優勝!」のようなメッセージをTシャツに入れることで、チーム全体のモチベーションアップ効果も期待できます。

さらに大会などが終わったあとでも、引き続きオリジナルTシャツを部屋着や普段着として活用することも可能です。そのTシャツを見るたびに、そのときの思い出がよみがえるという記録という意味でも役割を果たしてくれます。


関連記事

  1. 写真をTシャツに
  2. 卒園記念に
  3. 部活でTシャツを